よくある質問

  • 当サイト「農業支援センター」について
  • 新規就農支援について
  • JGAP取得・研修等について
  • セミナー・見学ツアーについて
 

当サイト「農業支援センター」について

NPO法人農業支援センターとはどんな所ですか?
NPO法人農業支援センターは2012年8月17日に設立した特定非営利活動法人(NPO法人)です。農業資材・農薬・肥料メーカーを中心とした34社(賛助会員)の支援を受けて設立されました。
どこにあるのですか?
茨城県土浦市北神立町2‐12に事務所はあります。活動資金を有効に活用する為に、賛助会員であるアイアグリ株式会社の本社に間借りをしています。
どのような活動をしているのですか?
HP上でも説明をしていますが、3つの事業を中心にその関連事業を行っています。
3つの事業とは、@新規就農支援AJGAP認証取得支援B6次産業化支援です。
なかでも新規就農支援には力を入れていて、独立就農と雇用就農の支援をしています。
農業をビジネスとして捉えることが出来る新規参入者に巡り合えることを楽しみにしながら活動をしています。
就農後の農業経営を継続する為に、JGAP認証取得で経営管理を支援し、6次産業化で経営規模拡大を後押しするなど、既存生産者も含め、就農後の支援にも今後は力をいれていきたいと考えています。
どんな人が働いているのですか?
現在のスタッフは私を含めて3名です。60代の元気はつらつのJGAP審査員資格保有者と30代の新人女性と40代の何でも屋の私です。
特定非営利活動法人(NPO法人)ってどうやって成り立っているのですか?
取引先の業者からよく聞かれる質問ですね(笑)NPO法人というと社会的存在意義が大きく寄付で運営を賄っている所が多いですが、私達も例外ではありません。就農支援を通じて日本農業の未来を変えていこうという活動に賛同して頂いた企業に賛助会員になって頂き、その会費を運営資金に充てています。またJGAPの研修参加料が唯一の収入源となっていますが、十分な活動が出来る状況には至っていません。
更なる皆様のご支援が必要な状況です。
金銭的支援、人的支援、技術的支援など様々なご支援を皆さまから頂きながら、一人でも多くの新規就農者を創りだしていきたいと思っています。

▲ページの先頭へ

 

新規就農支援について

農業をやりたいのですがどうすれば良いですか?
農業をやりたい」というのは「工業をやりたい」と言っているのと同じことです。 普通は自動車業界で働きたいとかSONYで働きたいなどともっと具体化していると 思います。まずは、自分がどのような農業をやりたいのかを明確にすることです。 週来的には独立を考えているのか?農業法人などに就職して農業に携わりたいのか? 等々。また、農業をすると言っても栽培をする仕事だけではありません。営業や企画 など一般の会社と同じような仕事も農業には存在しています。 何を作りたいのか?でも構いません。とにかく、自分が何をしたいのかをまずは明確 にすることです。 自分がやりたい農業について、他人に説明出来る状況になっていれば、それは明確に なっていると言えるでしょう。
農業の経験は無いのですが就農出来ますか?
普段の生活で農業に触れる機会は少ないですから、機会があれば経験をしてみるのも 良いと思います。ただし、経験が無くとも研修などを通じて必ず実践はしますので 問題はありません。 事前に経験をしたい方は各都道府県にある農業大学校が主催する農業塾や就農準備校 と呼ばれている専門学校などで体験が可能です。 期間は学校により様々ですので問い合わせてみて下さい。
就農に関する補助金があると聞きましたが...。
青年就農給付金http://www.maff.go.jp/j/new_farmer/n_syunou/roudou.html 農の雇用事業http://www.maff.go.jp/j/new_farmer/nouno_koyou.html の2つがあります。他にも独自の支援を行っている行政が多々あります。 例えば、茨城県にはニューファーマー育成研修助成事業というものがあります。 http://www.ibanourin.or.jp/hajimete/index.html 当NPOでは、これら補助金の活用方法を一緒に考えるとともに、申請手続きの 支援をしています。
就農に関する情報はどのように集めれば良いですか?
就農する地域が決まっているなら、その地域の行政に問い合わせてみるのが 第一歩です。役所の農政課を訪ねて、その地域の就農支援体制を教えて もらいましょう。その支援体制を活用して、情報を収集したり、農業体験をする などして農業の理解を深めましょう。 また、農業改良普及センターや農業委員会などにも相談をしながら、栽培作物の 決定や栽培技術習得の方法、農地取得に関する相談などを進めていきながら 自分のやりたい農業の実現を目指します。私達はこの過程を一緒に歩みながら 皆さんが考える農業の実現の為に様々な支援をいたします。
当NPOが求める就農希望の人物像は・・・
独立就農を考えている方は、農業をビジネスと捉えることが必要です。 農業で起業するという視点が持てるかどうかがポイントになります。 農業生産者は一国一城の主です。生産技術を身に付けるだけではいけません。 農産物を販売して収入を得て、生活が出来て、自己実現が出来て・・・・・。 経営をすることが出来なければ、独立就農は実現出来ません。 雇用就農を考えている方は、農業を行っている会社に就職すると考えて下さい。 どのような会社(=農場)に就職するかは、自分の意思に基づいて決めれば良い ことです。何を作っている農場で、どのような仕事が出来るか、職場環境は どうなのか・・・・・。 企業訪問(=農場見学)をして人事担当者(=普通は農場主)と話をして 自分のフィーリングに合った会社(=農場)を選びましょう。 自分がどの形で就農したいかをはっきり決めれば、その後の動き方は自然と決まってきます。

▲ページの先頭へ

 

JGAP取得・研修等について

JGAPとは何ですか?
JGAPとは食の安全や環境保全に取り組む農場に与えられる認証制度です。
Japan Good Agricultural Practiceの頭文字を取ってJGAP(ジェイギャップ)と呼んでいます。
JGAP認証取得はどうすれば良いのですか?
「JGAP管理点と適合基準」(青果物・穀物・茶の3種類があります)を日本GAP協会から入手し、その内容が自分の農場で実現できたと思った時点で、審査会社に審査の申込みをします。審査員が農場を訪問して審査を行い、合格すれば認証書が発行されます。
JGAP認証は難しいと聞きますが...。
JGAPは138項目(青果物2010の場合)の管理点があり、これらを自分の農場で実現しなければなりません。数が多いのと記録を取ることが面倒なため難しいと思われていますが、これらは今までにどこかで見聞きした内容がほとんどです。普通に農業を営んでいれば既に対応していることも多いので、順を追って取り組んでいけば必ず認証取得は可能です。その為のお手伝いをしてくれる「JGAP指導員」という資格を持った人達も全国で8,000名ほど居ます。
JGAPについて詳しく知りたい方は
日本GAP協会「よくある質問」をご覧ください。
NPOではJGAPの研修を開催していると聞きましたが...。
当NPO法人は日本GAP協会公認のJGAP指導員研修機関です。それゆえ私達はJGAP指導員向けの研修を開催することが出来ますが、その中でも主としてJGAP指導員現地研修を開催しています。1日間の研修で農場現場を見ることを中心にした内容です。「百聞は一見に如かず」を実践する研修となっています。
いつ開催されるのですか?
年6回の開催を計画しています。原則として、奇数月の月末に開催します。
詳細は、日本GAP協会のHPと当NPO法人のHPにてお知らせしています。
参加資格はありますか?
JGAP指導員資格更新対象の研修ですので、指導員資格を保有していることが望ましいです。ただし絶対の条件ではありません。JGAPの理解をしている方であれば問題無く参加は可能です。
また、JGAP認証農場の現場確認がカリキュラムに含まれていますので「認証農場を見てみたい」「これからJGAPに取組むので参考にしたい」といった生産者の方々の参加も大歓迎です。
参加費用はどれくらいですか?
一般参加者は21,000円(税込)です。日本GAP協会の会員は会員割引価格で18,500円(税込)となります。

▲ページの先頭へ

 

セミナー・見学ツアーについて

就農セミナーとは何ですか?
就農しようと考えている人や、就農準備を進めていて更なる情報収集をしたいと考えている人を対象にしています。土曜日の午後に開催する、茨城県での就農を想定した当NPO主催の無料セミナーです。
行政の就農支援サービスの紹介、農業生産者の話、就農したばかりの生産者の体験談などについて講演者を招いて発信しています。
いつ開催されるのですか?
2013年は5/25(土)、6/22(土)、9/21(土)、12/14(土)の4回を予定しています。
場所は、「つくば国際会議場」つくば市竹園2-20-3です。
詳細については、開催1ヶ月前位にHP上でお知らせしています。
参加資格はありますか?申込みはどうすれば良いですか?
参加資格は「本気で農業をやろうと考えていること」です。これ以外はありません。
申込みはHP上に申込みフォームを掲載しますので、そこからお申込み下さい。
農場見学ツアーとは何ですか?
就農を考えていて農業現場を見てみたいと考えている人、生産者と話をしてみたいと考えている人などを対象にした、当NPO主催の無料の農場見学会です。
求人意思のある生産者の農場やツアー参加者の要望に沿った農場などを巡ります。
土曜日か日曜日に行います。1日に3〜4農場を訪問し、農場主より農場の説明や今後の農業について説明を受けたり、参加者の質問に答えて頂いたり、という内容です。
いつ開催されるのですか?
原則的には、就農セミナーの翌週に開催します。それ以外でも、皆様からの開催要請があれば、いつでも開催いたします。
また、生産者からの要請でも開催することがあります。
開催の告知はHP上で行います。

▲ページの先頭へ

もっと詳しく知りたい方は、当NPOまでご連絡ください。お電話でのお問い合わせ 050-3033-8617 受付時間 10時〜16時(土・日を除く)メールでのお問い合わせ 受付時間 365日 24時間受付 お問い合わせフォームはこちら
ページの先頭へ